VIO脱毛
VIO脱毛は今主流と言って良いほど人気の脱毛部位です。
VIO脱毛することで様々なメリットがあり、
現在検討している人は是非参考にしてほしいと思います。

VIO脱毛ってどんなところ

まずはVIO脱毛をイメージするためにVIOの脱毛部位を確認しましょう。

Vライン

Vライン
ビキニラインやアンダーヘアとも言われております。
VIOの中で最も脱毛されている部位です。

Iライン

Iライン
付け根の股の部分です。
粘膜に当たる部分ですので、照射する際は注意が必要です。

Oライン

Oライン
肛門周りの部位です。

VIO脱毛のメリットとデメリットは

是非把握してほしいのはVIO脱毛のメリットとデメリットです。
VIOライン特にVラインの脱毛をして後悔する人もいますので、
ここはしっかりと理解したいとこです。

メリット

 

  • 生理中のムレやかぶれ、臭いを軽減できる
  • 下着や水着から毛がはみ出ない
  • 自己処理をする必要がなくなる
  • 彼氏や旦那から清潔にみられる

 

 

VIO脱毛することで生理中の衛生面を気にすることがなくなるのは大きいと思います。
ムレたり臭いがしたりするのを気にする女性は多いので、
そうしたことが理由でVIO脱毛する人は多いです。

また、下着や水着から毛がはみ出すという恥ずかしい思いをしなくても済みますし、
自己処理を気にする必要もあります。

そうするとVIO脱毛するメリットはかなり大きい事がわかります。

デメリット

 

  • 温泉に入った時パイパンは恥ずかしいと感じる
  • 他の部位に比べ痛みが強い
  • 脱毛中はチクチクする
  • 人に見られて施術するのが恥ずかしい

 

 

VIO脱毛をする上でデメリットはパイパンになったことで後悔する人がいるという事です。
というのもパイパンにして旦那さんのお母さんとお風呂に入った時に遊んでいると感じられるので、
少し後悔したという意見も多々あります。

また、男性でもそう思う人もいるようです。

その他に関しては脱毛する以上仕方のない事なので、少しの間我慢すれば良い話です。

VIO脱毛は医療脱毛とサロンどちらが良いの?

VIO脱毛をする際は、医療脱毛とサロンどちらが良いのか気になる人も多いと思います。
通常なら医療脱毛の方が良いのですが、VIO特にVラインに限っては一概に医療脱毛が良いとは言えません。

何故なら、サロンは永久脱毛できないので例えVラインを脱毛して失敗したと思っても、
少しずつ毛が生えてくるようになるからです。
もちろん、脱毛する前のように生える事はありませんが、
Vラインは他の部位よりも毛が生えやすいと思います。

まずはそこを理解して下さい。
それでは医療脱毛と脱毛サロンの違いを比較してみました。

医療脱毛 サロン
回数 6~8回 15~18回以上
期間 1年 2~3年以上
料金 11~16万円 10万
効果 いずれ毛が生えてくる 永久脱毛できる
痛み 少ない 痛い

上記をご覧のようにサロンよりも医療脱毛の方が良い点が多いです。
回数も脱毛期間も短く、VIOだけなら医療の方が安いです。

というのもサロンはあくまでも医療の知識がないいわば誰でもできる行為です。
そんな中でVIOのようなデリケートな部分に脱毛するのは危険があり、慎重になります。
何かの肌トラブルがあれば、大問題になる可能性があります。

対して医療脱毛は病院なので、肌トラブルが仮にあってもすぐに対処出来ます。
通常サロンの方が安いのですがVIOは実は医療の方が安いのです。
ただし、先ほどお話したように医療脱毛は永久脱毛なので一度脱毛すれば取り返しがつきません。

補足として今はVライン専用のウイックがあるようなので、
パイパンで恥ずかしい人はそれを付けるようです。