家庭用脱毛器
現在家庭用脱毛器の性能が上がり、自宅でサロン並みに手軽に脱毛ができるようになりました。
人気の家庭用脱毛器と言えば、ケノン、トリア、ブラウン、光エステなどです。
そららの商品は、Amazonや楽天などの通販で簡単に購入できてしまいます。

しかし、あまりにも多すぎてどれが良いのかわからないと思います。

一概に家庭用脱毛器とってもフラッシュ式やレーザー式などもありますし、
価格も性能もまちまちです。

中には綺麗に脱毛出来ない物もあります。

そこで当サイトでおすすめの家庭用脱毛器や選び方、効果などを紹介しますので、
是非それを参考に綺麗にムダ毛処理をして下さい。

家庭用脱毛器の効果は?

しっかりとした家庭用脱毛器を使えれば、
サロン並みに脱毛出来ます。

ただ、サロンや家庭用脱毛器では永久脱毛することはできませんから、
たまに産毛くらいは生えてくる可能性はあります。

クリニックのように綺麗に脱毛することは出来ませんが、
普段の生活でムダ毛気にならなかったり、ムダ毛の自己処理が必要なかったりするくらいにはなります。

剛毛や毛の量が多い方でも良い家庭用脱毛器を使えば、
十分に悩みを解決するくらいにはなるでしょう。

家庭用脱毛器の選ぶポイント

では良い脱毛器を見極めるためにどのような事に注意すれば良いのかポイントを見極めましょう。

脱毛効果が高い

家庭用脱毛器の決め手は脱毛効果です。
家庭用脱毛器を使って良くないイメージを持っている方は脱毛効果のない脱毛器を使っています。

どんな脱毛器を使うにせよ、まずは脱毛効果の高い物をお選びください。

痛みや刺激が少ない

脱毛効果のある脱毛器は大なり小なり痛みはあります。
でも出来るだけ痛みが少ない物が良いです。

特に女性は男性に比べて痛みに敏感ですから、
痛みや刺激が少ない脱毛器がオススメです。

フラッシュ脱毛器を選ぶ

家庭用ではフラッシュ式とレーザー式がありますが、
フラッシュ式の脱毛器を使うのが良いと思います。

フラッシュ脱毛器を痛みが少なく脱毛効果もあります。
対してレーザー脱毛器は脱毛効果は高いのですが、
痛みが強くて女性では使えない人もいるケースもあります。

ランニングコストが安い脱毛器を選ぶ

家庭用脱毛器を本体価格よりもランニングコストの方が大切です。
ランニングコストは1ショット価格の事で、
1ショット価格が安い脱毛器がより長く使い続ける事が出来ます。

1ショット価格が高いとカートリッジを何度も購入する必要があり、
本体価格より高くなるケースもあります。

照射面積が広い

照射面積は1ショットで脱毛できる範囲ですが、
家庭用脱毛器はサロンに比べ狭い傾向にあります。

照射面積が狭いと手間も時間もかかり、
脱毛する事が面倒になりますし、
うち漏れを起こして脱毛効果にバラつきを起こします。

家庭用脱毛器のおすすめ5選

脱毛効果が高く低刺激のケノン

ケノン
脱毛器の王様と言えばケノン。
脱毛効果はサロンと変わらず、低刺激な上、脱毛期間はサロンよりも断トツに短くできます。

永久脱毛というわけにはいきませんが、
ほぼ自己処理が必要ないくらいまでムダ毛をつるつるに出来ます。

また、カートリッジの種類も豊富で、
VIOや髭に効果の高い物、100万発照射出来る物、照射面積が広い物、
美顔器用の物など、それぞれのタイプに合わせてカートリッジが選べます。

自宅で本格的な脱毛をしたいならケノン以外は考えられません。

高性能脱毛器ラヴィ

ラヴィ
脱毛はもちろん美顔器としても使える高性能脱毛器のラヴィ。
イメージとしては、ケノンよりも1ランク、2ランク下回る脱毛器です。

しかし、その分ケノンよりも価格が安く購入しやすい家庭用脱毛器ではあります。

ケノンには性能は及びませんが、
「照射面積が広く、腕や足などの照射が楽」「チャージ時間が早く脱毛時間が短い」
「全身何処でも使える」など十分に全身脱毛できるレベルです。

ただ、脱毛効果がそれほど高いわけでもなく脱毛を続けないとそれなりに毛が生えてくる可能性もありますので、
出来るだけ長い期間続けて下さい。

家庭用レーザー脱毛器のトリア

トリア

家庭用でも唯一レーザー脱毛ができるのがトリアです。
このトリアは、アメリカのFDAも認証しているダイオードレーザーという
クリニックで使われているレーザー脱毛と同じ仕組みです。
もちろん、安全に使えるように家庭用は出力を抑えております。

特徴としては脱毛効果が高いが痛みが強いという事です。
また、照射面積が狭く、脱毛時間がかかり、広い範囲の脱毛は大変です。

ですから、特定の狭い範囲を集中的に脱毛したい人にお勧めです。

ハイスペックなレイボーテグランデ

レイボーテグランデ
ケノンに対抗できる唯一の家庭用脱毛器がレイボーテグランデ。
照射面積だけならケノンより広いです。

ランニングコストも安くヒゲなどの特殊な部位も含めた全身何処でも照射出来ます。

しかし、価格が高すぎて正直リスクも高いです。

照射面積以外はケノンの方が上で、価格もケノン方が安いので、
特別な事情がない限り、ケノンを選び方がおすすめです。

世界的なシェーバーメーカが開発したブラウン シルクエキスパート

シルクエキスパート

特徴としては、お肌に合わせて自動でレベル調整してくれ、
最適な出力で脱毛できるシステムを搭載している家庭用脱毛器だということです。

つまり、出来るだけお肌に負担をかけずに最も効果的な脱毛が出来ます。

ただ、脱毛効果はそこまで高くなく、
全身綺麗に脱毛するとなると難しいという印象です。

決して性能は悪いわけではないので、
おすすめは出来ますが、金額を考えれば同じくらいの価格で性能が高い物もあります。

家庭用脱毛器を使う上での注意点

家庭用脱毛器は自分で脱毛するので、
気を付けなければいけない注意点がいくつかあります。

日焼けした肌や色黒の肌には照射できない

家庭用脱毛器に限らず、脱毛は日焼けした肌や色黒のお肌には照射出来ません。
照射してしまうとお肌の表面が火傷してしまう恐れがあります。
特に脱毛効果の高い家庭用脱毛器ならその傾向にあります。

なので、脱毛期間中はお肌を焼かずにして下さい。

保湿をする

脱毛した後や出来ればする前も保湿をした方がお肌の負担を減らせます。
お肌が乾燥していると、肌トラブルを起こす可能性がありますし、痛みも増します。

逆にしっかりと保湿していれば、肌トラブルになることはそんなにはありません。

回数や期間を守る

家庭用脱毛器はいつでも自由に使う事はできませんが、
使う頻度や回数は限られています。

毛周期にそって脱毛することになりますが、
家庭用脱毛器なら2週間に一度のペースで、
毛の生える量が減ってきたら、回数や頻度を減らしていきます。

脱毛をし過ぎても効果はありませんし、
火傷の恐れも出てきます。

しっかりと説明書を読んでそれに合わせて脱毛して下さい。